手術(人間の話)

やっとやっと、、更新できます(笑)
濃厚な連休、なかなかPC開けず。

バシバシ書きます。
長くなったらすみません。

本日、私の体験記なので、興味のない方はスルーしてください。
そして、アホな記事内容で
いまだに入院生活を続けておられる方に失礼に当たるかもしれません。
備忘録だと流していただければ幸いです。




以前お伝えしましたとおり、
肩の脂肪腫がすくすく成長し、某病院2ヶ所で寂しい対応をされ、
(そのときの記事
どうしようか思案してたところ、
ヴァニのおばあちゃんであるうっきーさん
「切ろうか~?」の一言でお願いしました。
うっきーさんはヴァニのパパのママ
ですが人間です(笑)
めい君とお菓子なダックス


あらかじめ、MRI検査、麻酔科受診などは完了。

いざ入院。
二人部屋に一人というラッキー
2015-10-8-11 (1)


看護師さん、スタッフさん、至れり尽くせりで
申し訳ないぐらい。

全身麻酔で自発呼吸までしなくなるぐらいなので、
慎重に慎重を期さなければいけないからでしょう。
気管挿管なんでERとDoctorXでしか見たことなかったです~。

そして患者の不安を取り除くため。

しかし、不安はまったくなかった。
うっきーさんのブログに出てくる、お料理やお菓子で
手先の器用さは分っていました。
以前、一緒に海に行ったときに
お魚はさばけない~
・・・・人体さばけるのに
と言っていたにもかかわらず、
いつぞや、頂き物のアワビを見事に刺身にしてました。
プロか!と思いました。

アワビと私の体は違いますが(笑)、不安はなし。
なので、実は家族も誰も呼んでいませんでした。

術前の看護師さんの記録のための質問

「手術に際して、ご家族からはどんな言葉をかけられましたか?」


回答

@術中のテープだらけの顔の写真を撮影
@売店(コンビニ)は21時までなので、早めに行くように
@変なことをしないように




極度の方向音痴なため
数々の武勇伝がありますゆえ、
家族は私が病院やうっきー先生に迷惑をかけないかそれが心配。

ありえん・・・・(>_<)

たぶん、そういった「おかしな」失敗はなく
無事に予定通りの時間で手術は完了。

が!ここで、誤算。
全身麻酔のため、目が覚めても、
ケージレスト ベットから動いちゃダメ!って。
えーーー!!!!???
売店、売店、売店、売店、売店、売店
飲み物飲み物飲み物~~

気管挿管していたので、喉がかなりいがらっぽい。
だから、飲み物がほしくてほしくて・・・・・




と思ったら、うっきー先生が2度も差し入れを。

2015-10-8-11 (3)

2015-10-8-11 (5)


このDoctor自らの差し入れは
泣けるほどうれしかったです~

全部飲み干しました。

2015-10-8-11 (8)

m(__)m




快適な入院生活。元気すぎて暇だったのですが
困ったことが一つ
普段お米を食べないので
(パン、麺人間&おかず食い)

2015-10-8-11 (4)

2015-10-8-11 (7)

お米の量にびっくり。娘のアドバイス聞いてふりかけ持ってくりゃよかったよ~

・・・って それでも、3分で完食(笑)

ほ~~
一人前のおかずって本当はこんな量なんだー
を実感。

おかずは我が家この3倍だな

(笑)




こうやってあとから笑えるのも
健康であると言うことと
うっきー先生やスタッフさんのおかげです。

本当に感謝感謝。

2015-10-8-11 (2)

そして、
傷は
「ダックス型に切って~」
の注文でしたが、
きれーーーな一直線。4.5センチ。
縫い目がないよー

で、術後当日から、ズキズキもまったくなく、
翌日から痛み止め飲んでいませんが、
まったく痛くないです。

すごーーーい!

さすがに、
その日のプールは力を加減しましたが
プールに入っても平気でした。


すげーーーーーーーー!!!


お礼に
うっきー先生には
ミニスカにハイヒール履くようにアドバイスしておきました。
似合うと思うよ~
DoctorXうっきー先生は、カッチョよかったですー


ありがとうございました~





PS
深い深い眠りの中、夢を見ていました。
内容は忘れたのでイメージしか残っていませんが
@かわいい
@猫
@子供
@コスモス
@オレンジ、ピンク、黄色
@日光、明るい

これあの世の疑似体験??



一泊二日の留守でしたが
つぶたちは娘の手厚いホローで問題なく。
ただ、ナナさんがなかなか寝なかったそうです。

みんなお待たせ!

2015-9-20 (7)





にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変でしたね。
私が鼻中隔湾曲症の手術で鼻の中の軟骨切除した時は、こんなに食べられませんでしたね。

 もう簡単に「切って。」と決めてしまう人ですから、今流行の「日帰り」出来ないと判った時はあちこち電話掛けまくりました。

 もちろんその時はトッ様はいなかったので良かったのですが。

No title

退院おめでとうございます。かっぱサン不在の間、ワンズ達はそれぞれ不安だったでしょうね…特に、ナナちゃんは睡眠不足になる程不安だったんですね>_<

そして腕のイイ先生による手術だったとの事でよかったかですね〜☆DoctorXがかっぱサンのお近くにいらして本当によかったです‼︎

術後、動けるとは思いますが、切開手術されたお身体なので、術前までの動きはかなり負担になると思いますので、ご無理なさらないようにお気をつけくださいませ(*^_^*)

>トテパパさん

医療技術も当時とはまた違ってると思いますよ。

とても楽でした。
ほんと不思議なぐらい術後の痛みもなかったです。

>miyako386さま

ありがとうございます。
一泊二日でしたので、
娘にも「帰ってこなくていいよ~」とはいってたのですが、
わんずのことがあるので、安心してお泊りで来ました。

あ、、でも、退院した日に、父の病院へ行き
プールのレッスンも行いましたよ。
腕のいいドクターのおかげで、傷の痛みも殆んどなかったんです。

No title

夢の中であの世の様子をちょこっと見てきたようですが、無事に快復して良かったです。
何事も経験が力!
Junjunは痛いことや辛いことがあった時 いつもそう考えてるよ。
経験した分 ステージアップ!
うっきー先生のワンコへのご褒美ケーキをブログで拝見しては感心していましたが、さすが手先が器用なのはこのたせいか!
1日だけでもかっぱさんが居ないことでワンコも不安だっただろうなー。
もう、離れないでね。

>Junjunさん

あざーーす!!
やっぱりあの世だったのかなぁ~
すごくさわやかな、すがすがしい夢だったよ。

うっきーさんは確かに繊細で起用です。
そういう外科医じゃないと不安ですよね。
本来は、あまりこんな些細なことで、手間を取らせたくなかったんだけど、
結果、とてもよかった。
信頼関係築けない医師にやってもらわなくてよかったよー

わんずはナナさんは私の不在をわかっていたのか疑問ですが、
夜中ずっと吠えてたらしい。
ただし、夫が吠えてても気がつかない人なので(寝てて)わかんない。
ご飯はちゃんとたべたらしい。
つぶマリヴァニは私がいなくても食欲旺盛、変らずーーー(笑)
入浴者

▶つぶあん
レッド ♀
2002年11月12日生まれ
2016年3月1日卒業
SDMA検査スタートのおかげで
初期の腎不全がわかり
気長に過ごして行くつもりだったのに
突然、原因がわからないまま
さっさと逝ってしまいました
今でも大事な宝物

▶マリモン☆(星まで名前)
ブラックタン ♀
2005年5月12日生まれ
極度のビビリンガーだが
「食」に関して豹変
日本一のフードファイター
・・・だったが
TOPの座をつぶあんに奪われる

▶ヴァニラン
ブラックタンブリンドル ♀
2008年7月25日生まれ
今も幼児メタボ太鼓腹
性格もパピーのままですが
ダンボール開封を得意とする
別名「こぐま社長」
マリモンのひとりっこ
「ヴァニ蔵」ともいう

▶ナナさん
クリーム?ゴールド? ♀
年齢不詳 お誕生日7月7日に決定
ブリーダー遺棄ー保健所
ちょっとした手違いで助かった子
数ヶ月の命。。。と思われたが
家族になって3年
元気です

プロフィール

かっぱ

Author:かっぱ
《趣味》 
水中にいること
パソコンいじり、カメラ
座右の銘は
「お礼も恨みも倍返し」
(私の方が先↑)

入浴感謝
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
リンク
QRコード
QRコード