アジソン病疑惑(その2)

(ウダウダとその2)

しつこいですが、再度念を押します。
あくまでも私の推測です(笑)。

つぶあんがアジソン病だったとしたら、
前記述の一般的な慢性ものとは違い

大量の合成副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)治療を
突然やめた場合(医原性)の副作用として起こったと考えます


昨年末のヘルニア時のステロイドです。
誤解のないように言いますが、
後ろ足の両方に麻痺がみられ「完全麻痺か?」の中程度以上なので
ステロイド投与は適切でしょう。
しかも、お正月の連休に入るため、念のために翌日もお願いしました。
当たり前のことですし、単発ですし、私は問題視しませんでした。
12月28~29日の出来事です。(このときは市内の病院)


その後、
1月18日に嘔吐、無尿にて、21日ごとふ動物病院入院。28日退院。
危険な状態から脱して、SDMA検査で早期の腎不全がわかってよかった
と喜びました。
が、
このときの嘔吐は腎臓よりアジソン病の方だったかもしれません。
ステロイド投与により腎臓数値回復。アジソン病も回復します。
治療法は同じといってもいいと思います。


次の嘔吐が2月28日。

ステロイド投与から約1ヶ月で不調(発作?)になる。
ステロイドの成分のコルチゾールが切れる時期のようです。


ずっと感じていたこと
「つぶあんのようでつぶあんでない」
「なんか違う」
「元気だけど元気じゃない」
「食欲、体力にムラがある」

↑↑
まるっきり腎不全の症状。
しかし、すべてアジソン病の症状とも一致。
腎不全の代名詞ともいえる多飲多尿、
知らなかったとはいえ、アジソン病も多飲多尿。


「マッサージをすると、背中付近で目線が来る(触るな)」
「腎不全特有の背中の湾曲」
腎不全の腹痛もしくは治りきっていないヘルニアと思っていたが、
アジソン病の関節痛であったかもしれない。

「初期の腎不全でも、こんな症状がでるものか???」
と常に疑問だったが、なんせ、初期の初期の腎不全というのがブログにはない。
ある程度進行した状態でないと見つからなかったわけですから。
(今年の1月に始まったSDMA検査でわかるようになった)


アジソン病を確信させたのが
「実家へ行った翌日が調子悪い」
車移動のためヘルニアのせいだと思っていた。
アジソン病特有のストレスに弱い症状。



特有の震えはありませんでした。
寝ているときに時々ブルブルしていましたが、
これもさほど気にしていませんでした。
関連があったのか????
下痢も一度もなし。(下痢をしない子は多い)
よろけたこともなし。


アジソン病だったとして、、、
実際、闘病は簡単ではありません。
薬のバランスが取れた子は寛解と増悪を繰り返しながらも
何年も飼い主さんと過ごしておられるようです。
ただし、これは3~4歳で発病した子で、
今のところ、10歳以上で発病しました・・のブログは見つかっていません。
(あったら教えてください)
ただし、毎週の検査や(よければ月一まで持っていけるようですが)
入退院を繰り返しつつ、ストレスを与えないように日々の生活も注意しつつ
東北での発症が多いということから
「寒さ」がストレス要因になっている可能性が高いと思われます。
最終的には肝臓、膵臓の障害で亡くなってるようです。
ステロイドとの因果関係は西洋医学なので認められていません(笑)

また、アジソン病でも副腎皮質そのものの異常なのか
脳下垂体からの命令が異常なのか、その違いもあるようです。



長くなりました。

あの時ヘルニアにならなければ、、、お正月の連休前でなければ、、
と、今となってはどうしようもない。
また、乗り越えられなかったのもつぶあんの体力の限界もあったと思います。

つぶあんがアジソン病であったとしてもなかったとしても
「なにかが違う」を放置してしまったのは私です。
寿命だったというみなさんの言葉も頭ではわかっています。
でも、自分が行動を起こすことで、もっと長く居られたのではないか・・・
その思いはずっと続いていくと思います。


もし、みなさんのわんちゃんが
血液検査でも正常値なのに、嘔吐を繰り返し、
原因が判明しない場合、電解質検査をしてもらってください。
(最初にするとは思いますが)
それでも正常の場合、ACTHテストをお願いしてみてください。

また、高齢で、手術やなにかの治療で
大量のステロイドを使用した場合、その後様子をよく観察してください。

10万分の36の確立です。
獣医師が「アジソン病かも」とはまず思いません。
電解質が正常なアジソン病はその中のさらに10%。
手ごわい相手です。
「運」だという獣医師もおられました。
異変に気が付くの獣医師ではなく、やっぱり、飼い主、母親です。


長々と読んでいただき、ありがとうございました。
私なりの解釈なので、間違いもあるかもしれません。
また、うちも似たケースだったよ、という方、
それは違うんじゃない?って思われる方、遠慮なくコメントください。

どんなに調べても、つぶあんの死因の真相は不明です。
そして、つぶあんはもう戻ってきません。

でも、知りたい。自己満足ですが、知りたいです。




わかりやすいサイト
獣医師のサイトです。

http://bordercollie.k-server.org/vet/addison.html

http://heartah.blog34.fc2.com/blog-category-96.html

http://ivma.jp/gakujutsu/kaiho/pdf/38-2/38_2_clinicalreport02.pdf

その他、ぐぐるといろいろ出てきます。


何かの役になって
救われるわんっちゃんがいますように。

ミニチュア・ダックスフンドランキング

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大切な情報をいつもありがとうございます。
うちにも10歳のヘルニア経験のダックスと飼育放棄の4歳のダックス
がいるので、いつも勉強させてもらっています。

>springさん

ありがとうございます。
まだまだ知らないことがたくさんありますねー

No title

嘔吐はたまにしますが、普通の色???と思われるもの。

 「やばい!」と思った時は、茶色っぽいと言うか血に近い
感じで、焦りましたが、それで検査したら「膵臓の値が悪い。」
と言う事で、例の酵素の粉を飲んだら良くなったような。

1日2回の食事のうち、半分は念のための療養食です。

 しかし、36/100,000なんて、、、責めないで下さいね。
責めるんなら、確率の神様。

No title

とっても貴重な情報をありがとうございます。これも全部つぶあんちゃんが残してくれたものですね。そして、かっぱさんにとっては疑問に残った課題となり、1つ1つの欠片を集めてぽっかり空いた空白の部分を埋める作業。かっぱさんがコレだったんだ!って思えるまで続いていくんだろうなぁと想像しますが、お考えになられる過程にて、かっぱさんがされてきた事を否定なさらないでくださいね!かっぱさんがつぶあんちゃんを助けてあげたかったという気持ちは、人とのお別れの時と同じような場面に遭遇しているので理解できます。でも、あの時にこうしたら良かった…っという仮想は必ずしも正しいとは限りません。そして、誰にもそれはわからないことなのです。突然のお別れでしたのでそのように思ってしまうのも当然の事ですけど、やはり、その場その場でベストだと思う道を迷い迷って選択をされてきたのですから、私はかっぱさん自身、選んできた事を否定されないで欲しいなぁと思います。そして、この事が今後の沢山の命を救っていくのだろうなぁという思いで胸が熱くなりました。つぶあんちゃんとかっぱさんの共同作業と言いますか、つぶあんちゃんの偉大さをずっと感じる事ができるなぁと…つぶあんちゃんは、この病気と闘ってるコやこれから闘おうとするコへの希望の光になりましたね!

>トテパパさん

もしかしたら、、、なので、
真実は不明です。


嘔吐しても元気だったら、あんまり心配はないとおもいますが、

>miyako386 さま

難しいですね~
まだまだ知らない病気がわんさか

諦めの悪い私は毎日ぐぐってばかりですが
マニュアルどおりではないケースもいっぱいです。

ちょっとした変化、おかしいなーと思ったことが続けば
やはり飼い主の勘は正解かもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
入浴者

▶つぶあん
レッド ♀
2002年11月12日生まれ
2016年3月1日卒業
SDMA検査スタートのおかげで
初期の腎不全がわかり
気長に過ごして行くつもりだったのに
突然、原因がわからないまま
さっさと逝ってしまいました
今でも大事な宝物

▶マリモン☆(星まで名前)
ブラックタン ♀
2005年5月12日生まれ
極度のビビリンガーだが
「食」に関して豹変
日本一のフードファイター
・・・だったが
TOPの座をつぶあんに奪われる

▶ヴァニラン
ブラックタンブリンドル ♀
2008年7月25日生まれ
今も幼児メタボ太鼓腹
性格もパピーのままですが
ダンボール開封を得意とする
別名「こぐま社長」
マリモンのひとりっこ
「ヴァニ蔵」ともいう

▶ナナさん
クリーム?ゴールド? ♀
年齢不詳 お誕生日7月7日に決定
ブリーダー遺棄ー保健所
ちょっとした手違いで助かった子
数ヶ月の命。。。と思われたが
家族になって3年
元気です

プロフィール

かっぱ

Author:かっぱ
《趣味》 
水中にいること
パソコンいじり、カメラ
座右の銘は
「お礼も恨みも倍返し」
(私の方が先↑)

入浴感謝
最新記事
最新コメント
カテゴリ
過去記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数
リンク
QRコード
QRコード